ホーム > 店舗づくりで気をつけつけるべきポイント

店舗づくりで気をつけつけるべきポイント

「パリの街角にあるような雰囲気の店舗デザインにしたい」「お客様が居心地の良さを感じられる店舗にしたい」など、店舗づくりの方向性は経営者様の考えにより異なります。理想とする店舗にするためには、外装だけでなく、インテリアコーディネートも大切です。

デザイン

40代や50代の男性をターゲットにした居酒屋、20代や30代の女性をターゲットにしたカフェなど、店舗デザインはターゲットを絞るうえでこだわりが必要です。外装の色、素材、店内のインテリアなどはターゲットとする客層の好みにあったデザインにすることが理想的です。また、コストとこだわりの両方を考えることができるため、まずは見積もりを立てて予算内に収まるようなデザインを考えるのもポイントです。
ターゲットによって店舗デザインも異なりますので、店舗デザインで困ってしまった時は、プロにインテリアコーディネートの相談することをおすすめします。

レイアウト

レイアウトは、特に「動線」が重要と考えられています。お客様の目線で考えられた動線、従業員の目線で考えられた動線と、それぞれの目線によって動線のつくりも異なります。間取りにあったレイアウト、お客様も従業員も居心地の良さを感じられるレイアウトなど、いろんなコンセプトがある中で最適なレイアウトを考案していく必要があります。

空調

店舗には欠かせない空調も、位置を考えなければなりません。同じ店舗内でも、つくりによって空調が行き渡るところと全く行き渡らないところもあります。冷房の設置場所を工夫することで、お客様に直接風が当たる心配もなく、また店舗内全体で冷暖に偏りもなく快適な環境づくりにつながります。
最適な空調の位置決めは、お店の広さや窓の位置、日当たりなども考慮しなければなりません。お客様が心地よさを感じる店舗にするためにも、お客様の立場に立って店舗づくりを進めていきましょう。

板橋区に所在しているベルカントは、オフィスや店舗の設計デザイン依頼を承っています。ご要望にしっかりと応えた、理想とする店舗づくりをお手伝いいたします。
また、オフィスや店舗のインテリアコーディネートのご相談にも対応しております。板橋区周辺でインテリアコーディネートのご相談は、ぜひベルカントにお任せください。

ピックアップ