ホーム > 空き室対策として行いたいこと

空き室対策として行いたいこと

日本ではマンションなどの空き室問題が深刻化しているといわれています。マンション経営は入居者がいてこそ、収入につながります。そのためには空き室対策が必要ですが、まずは空き室が埋まらない原因について考えてみませんか?こちらでは空き室対策として行いたいことをいくつか挙げていきます。

外観・内観の印象を変える

賃貸物件選びの条件は人によって異なりますが、見た目を条件として挙げられる方も多いです。立地が良くてもアパートの見た目が汚い場合や、生活しにくい間取りの場合、魅力的な物件だと感じられません。外観を整えるのはもちろん、内装や間取りなども現代のライフスタイルに合わせるなど、ちょっとした印象をプラスに変えることで入居したいと思える賃貸物件に生まれ変わります。必要であればリフォームやリノベーションなども検討することをおすすめします。外観・内観の見た目を好印象にすることは空き室対策で大切なポイントです。

管理の徹底

入居希望者は建物環境にもこだわります。例えば共用灯、消火器の設置箇所、自転車置き場、ゴミ置き場などの共用部分は細かい部分まで目を通していることが多いです。管理体制の甘さも空き室が埋まらない原因になる可能性がありますので、常日頃から管理徹底することも空き室対策へとつながります。この空き室対策は、これから入居者を募集するためだけでなく現入居者が快適な環境で生活できるというメリットにもつながり、退去防止にもなります。

設備の充実度

毎日の生活は快適さも求められています。異常な暑さ対策のためにはエアコンの設置が不可欠ですし、厳しい寒さには防寒対策が整った室内環境を用意するなど、設備の充実度も重要です。特に、寒さ対策の室内環境を用意する場合は室内リフォームで防寒素材を取り入れるなど、こだわりがあることをアピールすることで設備の充実度を知ってもらうことができます。また、毎日の生活に安心感を与えるためにもセキュリティー体制も万全な状態にしておくと、さらに印象アップです。

板橋区周辺エリアで空き室解消のご相談でしたら、ぜひベルカントにお任せください。ベルカントでは賃貸物件の空き室解消コンサルティングを行っております。また、予算に応じた現状復帰工事・リフォーム・リノベーションなどの住宅デザインも実績豊富ですので、注目度アップの物件づくりをお手伝いいたします。
他にもデザイナーズマンションの企画・管理も承っております。板橋区周辺エリアのみならず全国からのお問い合わせにも対応いたしますので、賃貸物件のことでお悩みの管理者様はぜひベルカントへご相談ください。

ピックアップ